店舗紹介

店舗紹介

本店

宮崎県都城市庄内町12613
TEL 0986-37-0010
FAX 0986-37-2631
フリーダイヤル 0120-0986-37

マップはこちら

本店外観写真  本店店内イメージ

宮崎支店

宮崎市新別府町麓457-2 丸吉ビル
TEL 0985-29-9020
FAX 0985-29-9092

マップはこちら

宮崎店外観写真  宮崎店店内イメージ

清武店

宮崎市清武町今泉甲7034-5
TEL 0985-85-8639

マップはこちら

清武店外観写真  清武店店内イメージ

茶園

自社茶園 3ヘクタール
(ヤブキタ種、オクミドリ種、在来種)
茶園写真

工場

イ. 荒茶工場
60キロ型 2.5ライン(葉打機、回分機、粗揉機導入)
ロ. 精製加工場
山益式、総合再製(精製)機 1ライン
常緑園工場内風景

会社概要

従業員数/11名
褒賞/戦後受賞した主なもの
内閣総理大臣賞 1回
農林水産大臣賞 5回
宮崎県知事賞  7回

沿革

 南崎常緑園は明治2年 南崎常右ヱ門により創業され、約130年にわたり都城茶を守り育てて現在に至っている。(現在は6代目が担当)
 初代 常右ヱ門が最初お茶の植栽を思い立ったのは、都城地域が昔より茶の栽培が盛んな土地柄であったことと、当時の地頭 三島通庸の薫陶によるものである。
 茶園の管理と手揉みによる製造を中心に製品の荒茶は宇治、京都へ、又沖縄へさらに横浜港よりアメリカへ販売していた。
 大正年間に入り、製造機械が開発されると、いち早くその導入を図り、近代化に努め、静岡より製茶技術者を招き、質の向上を図った。
 都城が周囲を山で囲まれた海抜150mの盆地でお茶の栽培に大変適していることもあって、当時各地で開催された大博覧会にも積極的に出品し数々の大賞を受けている。
 昭和初期より戦時中・戦後の混乱期も茶業を守り、昭和24年には常緑園を法人組織に改め、南崎茶業株式会社(資本金:3,600,000円)と社名を改め、南崎常緑園は屋号として残した。昭和39年には小売部門を開設。従前は荒茶で問屋に販売していた製品を製茶加工を加え、小売販売を開始し、自社茶園における茶の栽培、自社工場においての製造、精製加工、そして最終小売を行うという一貫経営の形をとり現在に至っている。

特許の取得

○特許第1414474号 「お茶生葉の二段蒸熱方法」(1987年取得)
○特許第1414475号 「お茶生葉の二段蒸熱装置」(1987年取得)
 上記2件の特許を昭和62年12月10日付けで取得した。この特許は、お茶製造の第一工程にあたる蒸熱に関する「製法」と「装置」の特許でこの装置を用い、この方法でお茶の生葉を蒸すと従来の方法では得られなかった香り、味、水色、形状のバランスのとれた製品を得ることが出来る。
 特に都城茶の最大の特質である「香り」が高い、まろやかな甘味の残る煎茶を製造することが出来る。
 お茶の生産者で特許を取得するのは、全国でもあまり例がなく九州に於いては勿論弊社だけである。